サワラ漁獲量回復へ受精卵100万粒確保 香川 
2019-05-14 15:19:00Z  bing漁業ニュース 
採取した卵を人工授精して稚魚に育て、6月下旬に瀬戸内6府県の海域に放流する。
採卵・人工授精は、瀬戸内海海域栽培漁業推進協議会(11府県と各府県の漁連などで構成)の一員として、香川県が漁業者の協力を得て実施した。
刺し網漁で捕った ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート