東京電力福島第一原発 から出る処理水の海洋放出をめぐり、国と東電が17日、 宮城県 や漁業関係者らに対し、養殖業者への支援などの 風評被害 対策を示した。
漁業者からは「一歩前進した」と一定の評価をする声が上がる一方、「 トリチウム 濃度の検査態勢が不十分だ」などの意見も出た。
漁業・農業団体の代表らが集まる会議が県庁であり、国と東電が説明した。
3月の同様の会議で国と東電に多くの批判が集まったため、 ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート