著者は、家庭の台所を訪れては一緒に料理をさせてもらう「世界の台所探検家」。
アフリカ・スーダンの台所では定番のオクラ料理を習い、南米コロンビアではふわふわのチョコラテを堪能。
中東パレスチナでは、揚げ野菜と鶏肉と米を重ねてひっくり返す豪快な炊き込みご飯「マクルーバ」に、家族の歓声が上がる-。
16カ国・地域をめぐる食と旅のエッセー。
食卓から、人々の普段の暮らしぶりや土地の歴史、社会背景も垣間見える。
食 ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート