宮城県内で、震災後に栽培が盛んに行われている加工用のイチジクが旬を迎え、16日からみやぎ生協の全店で販売が始まりました。
仙台市宮城野区のみやぎ生協幸町店では、卸や加工品製造の関係者らが、宮城の伝統食のイチジクの甘露煮のレシピを配って、今シーズンの販売開始をPRしました。
買い物客「毎年この時期が楽しみで、家で甘露煮を作ってヨーグルトとかに合わせて食べています。
」 県内では、震災後の農業復興を目指 ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート