静岡県は13日までに、2022~25年の水産振興基本計画の大枠を固めた。
不漁や流通量減少が続く現状の打開に向けて水産資源の維持、増大に取り組む。
高収益化を進めて1経営体当たりの漁業生産額を、19年度実績の年間923万円から1千万円に引き上げることを目指す。
水産振興策について意見交換が行われた会合=13日午後、県庁 同日開いた県水産振興審議会の会合で施策の具体案を示した。
需要開拓に向けてこれまでの ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート