現在、山下さんのダイコン畑では、浜松市が進める「中山間地スモールスマート農業実証プロジェクト」の一環として、ドローンによる液体肥料の散布やセンシングによる生育管理などが行われています。
山下さん自身、ロボット技術や情報通信技術の導入は「こうした山間地の小規模農家にこそ必要」と考え、地域の仲間たちとともに産業用マルチローターのオペレーター資格も取得しました。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート