沖縄県の謝花喜一郎副知事は21日、県庁に外務省沖縄事務所の橋本尚文沖縄担当大使と沖縄防衛局の小野功雄局長を呼び、渡名喜島沖で米軍普天間飛行場のCH53Eヘリが鉄製コンテナを落下させた事故に抗議した。
事故原因が究明されるまでの間、つり下げによる訓練や輸送の中止などを要求した。
謝花氏は「一歩間違えば人命、財産に関わる重大な事故につながりかねず、定期船や漁業従事者の安全を脅かすものだ」と批判。
6月には ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート