ヒラメ安定供給へ種苗初出荷 大船渡で県栽培漁業協会 
2019-07-10 16:05:00Z  bing漁業ニュース 
県栽培漁業協会(大井誠治会長)は10日、大船渡市末崎町の同協会魚類飼育棟で育成したヒラメの種苗を本年度初めて出荷した。
職員らは、施設内の水槽から体長約5センチの稚魚を網ですくい、バケツを使って輸送 ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート
7月11日 岩手日報 私の気になる記事 21面 「ヒラメ安定供給へ 種苗出荷スタート 県栽培漁業協会 大船渡」 @