国際的な農業奨学金制度に広島県内の酪農家が、国内でただ1人選ばれました。
2年間にわたって世界6大陸を旅しながら、農業技術や文化を学びます。
イギリス発祥で、65年以上の歴史がある国際農業奨学金制度「ナフィールド・インターナショナル・ファーミング・スカラーシップ」。
ことしの奨学生に、国内で唯一、選抜されたのが、砂谷牛乳の久保宏輔さんです。
「自分の今、携わっている酪農を深く知りたいということ。
そのた ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート