経済産業省は12日、緊急事態宣言の再発令で営業時間を短縮した飲食店の取引先に対して、給付金を支給すると正式に発表した。
取引先が中小企業の場合は最大40万円、個人事業主の場合は最大20万円が支給される。
支給対象には、首都圏の1都3県の飲食店に食材や器材を納入・販売する全国の業者のほか、農家や漁業者といった間接的な取引先も含める。
今年1月または2月の売上高が前年比で半分以下に減ったことが条件で、経産 ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート