東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を巡り、風評被害を軸とした当面の対策が関係閣僚会議でまとまったのを受け、茨城県主催の説明会が14日、オンラインで開かれた。
漁業団体は、これまで通り放出反対の姿勢を示した上で、後継者確保の支援など茨城県への対策が不十分だと訴えた。
説明会は、経済産業省など関係省庁や東電の担当者が出席し、冒頭のみ公開された。
茨城県からは漁業関係団体や市町村、県の担当課など約50団 ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート