世界一のスピードで「高齢社会」が進行する日本。
そのなかでも危機に直面しているのは、全国の農家だ。
「人と協働する」 ロボット が、その解決策になるかもしれない。
東京貿易マシナリー株式会社(TBM)、山口県農林総合技術センター、山口東京理科大学は、産学公連携により「スマート農機を活用した梨の生産」の共同研究を開始した。
誰もが「農家は高齢化が進行している」というイメージを持っているだろう。
それでも、 ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート