鶴岡市の街づくり会社「ヤマガタデザイン」(山中大介社長)と、庄内地方の若手農業経営者でつくる「F.A.I.N」(ファイン)が15日、有機農業を中心にした持続可能な農業の普及拡大に向けた連携協定を締結した。
自動抑草ロボットの実証実験や農産物の販売など多面的な連携で、農作業の所得向上などにつなげていく。
ファインは2017年、農業をより魅力ある産業にして次代に伝えていきたいと設立。
遠藤広道代表(36) ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート