捜査の結果を受け、店主のリー(Li)は違法物質を料理に混ぜたことを認めたという。
リーは闇の売人から違法な物質を購入し、ラー油や大豆油、冷麺に混ぜて中毒性のある料理を提供していた。
『MINNEWS』によると、これまで一日の売り上げは800元(約1万3000円)ほどだったが、料理の大半の商品にこのラー油を使用してからは1万5000元(約25万6000円)ほどを稼いでいたようだ。
リーは「ロックダウンの ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート