人口減少や高齢化で農業の担い手不足が深刻化する中、宮城県や県農業大学校は女性向けのセミナーや習熟度別に知識や技術を身に付ける講座を展開するなど、あの手この手で担い手の確保に奔走している。
小型トラクターを運転するセミナーの参加者=10日、名取市 名取市内の農地で10日あった農業機械セミナーには、県内の女性15人が参加した。
農業従事者や新規就農者、就農希望者などキャリアはさまざま。
農機大手クボタ(大 ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート