新潟県農業総合研究所は、将来の温暖化を見据え、高温耐性のあるコメの開発に取り組んでいる。
8月中に収穫できる「極早生(ごくわせ)」と呼ばれる品種で、食味と見た目の良さを両立させるのが目標だ。
県は温暖化が進めば、今世紀末には県内のほぼ ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート
高温耐性米への希求は、やはり高い印象。 【 2019年産米の作柄・2】 JAコメ担当者の声「主食用の確保も課題」「大規模集約に限界感」|クローズアップ|米・麦・大豆|JAcom 農業協同組合新聞  @