北朝鮮が15日発射した2発の短距離弾道ミサイルが、能登半島沖の舳倉島から北に約300キロ離れた海域に落下したと推定されることがわかりました。
日本海で操業を続ける漁業関係者からは、不安と憤りの声が聞かれます。
防衛省の推定結果によりますと、15日午後、北朝鮮から発射された2発の短距離弾道ミサイルは、変則軌道で750キロほど飛行し、能登半島沖の舳倉島から北に約300キロに位置する日本のEEZ=排他的経 ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート