牧之原の企業と農業DXを推進 菊川市、協定締結 
2024-07-09 14:01:00Z  bing農業ニュース 
今後、生産者向けのスマート農業のセミナー開催やのほか、菊川市が茶農家を支える保管作物として推奨する枝豆の一種「茶豆」の栽培実験や販路に関する情報提供などを予定する。
同日、同社の農地がある同市神尾の神尾公民館で締結式が開かれた。
長谷川寛彦市長は「菊川の農業に新たな風を吹かせてもらえればいい」と話し、加藤百合子社長は「市の盛り上がりに寄与したい」と語った。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート