地球温暖化 が進んで海面を覆う「海氷」が溶ける季節が早まると、魚のエサである 動物プランクトン の量が減ったり、小型化したりして、魚の資源量が減る恐れがある――。
北海道大学 の松野孝平助教らの研究チームが、ベーリング海北部での調査データをもとに、そんな研究結果をまとめた。
海洋学の専門誌に論文が掲載された。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート