インターネットで顧客とコミュニケーションをとったり商品を売ったりすることが当たり前の時代になった。
農業も例外ではなく、農家が直接消費者に農産物を売る手段として、インターネットは多用されている。
しかし、時代はもう少し先を行っているよう?
「web3(ウェブスリー)」と呼ばれる新しいインターネットの手法を使って地域や農業の活性化につなげようとする動きを取材した。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート