「またもや…」そんな声が聞こえてきそうなトラブルです。
福島第一原発で汚染水を浄化する装置の排気口から放射性物質を含む水が漏えいした問題を受け、東京電力が、水がしみ込んだとみられる土壌の回収を始めました。
■2月7日 東京電力の担当者 「第2セシウム吸着装置、サリーと呼ばれるものですが、こちらのベント口(排気口)から水が漏えいしていることを確認しています。
」 東京電力は7日、汚染水を浄化する装置の排 ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート