大型クラゲが15年ぶりに大量発生するおそれです。
「エチゼンクラゲ」は、最大で直径1メートルにもなるクラゲで、2009年の大量発生時には定置網を破るなど約100億円の漁業被害をだしました。
水産研究・教育機構によりますと6月末から、長崎県の沿岸で2009年の時のような発生が確認されているということです。
15年ぶりの大量発生のおそれがあり、水産庁は「例年よりも出現量が多く、今後の推移に注意が必要」として ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート