不透明な資金運営を理由に吉野川漁連から3つの漁協が脱退した問題です。
この問題、いったいどういう経緯だったのか、簡単に振り返ってみましょう。
ことの発端は、漁連のお金の流れが不透明だとして、漁連を形成する7漁協のうち3つが脱退したことです。
吉野川漁連は一定の水域を共同で利用して漁業を営む「共同漁業権」を持っていますが、漁業法では漁連の世帯数の3分の1以上が脱退した場合、共同漁業権が取り消されると定めら ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート