漁業に影響をもたらす大型のクラゲが対馬沿岸で大幅に増えているとして、水産庁が注意を呼びかけています。
6月、対馬市豊玉町志多浦などで10センチから30センチの小型のクラゲ2千匹がかかっているのが確認されました。
このほか市内4カ所の定置網でもクラゲが見つかっています。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート