(台北中央社)インドネシア・バタム島の造船所で8日、農業部(農業省)水産試験所の1500トン級漁業試験船の進水式が行われた。
同所によると、台湾周辺海域や洋上風力発電所周辺に対する生態観測施設として漁場環境観測などを行うという。
進水式には水産試験所の張錦宜所長や職員らがリモートで出席した。
同所によれば、漁業試験船は海洋漁業組に配備され、北部・基隆市和平島を作業基地として、運用開始から30年に達した ...
..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート