当時、地元の東陽中と町野小には400人超が身を寄せていたが食事が行き渡らず、冨成さんは炊き出しを頼まれた。
県内外の料理人仲間に声をかけて食材を集めた。
「避難者に1日3食を提供するのに必死だった」と振り返る。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート