中国民用航空局(民航局)総合司の孫文生(スン・ウェンション)副司長は、「低空経済は戦略的新興産業として、テクノロジーのウェートが高く、イノベーション要素が集中しており、産業チェーンが長い、応用シーンが複雑、使用する主体が多様、多くの機関・分野に関わるといった特徴があり、新たな質の生産力の特徴をはっきりと示しており、発展の可能性は非常に大きい」と説明した。

..(続きはリンクをご覧ください)


この記事に言及するツイート